お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
にった

EVENT

written by にった

リゾートミーティング2017

遅ればせながら、リゾートミーティングの報告を!
まずは概要から。

▼開催日
6月29日(木)〜7月1日(土)の2泊3日

▼開催場所
御殿場高原時之栖(まさかの1年目と同じ場所w)

▼スケジュール
1日目
15時~19時:チームごとにプレゼンテーション
19時~22時:夕食&お風呂
22時~3時:ディスカッション

2日目
9時~10時:朝食
10時~13時:ディスカッション
13時~14時:昼食
14時~19時:ディスカッション
19時~21時:打ち上げ第一弾
21時~24時:打ち上げ第二弾(毎年恒例のサプライズ発表ありw)

3日目
10時~14時:チーム対抗スポーツ大会
15時:解散

▼お題
組織課題とその解決策をチームごとに考える

▼チーム編成
けんたチーム
・けんた、みほ、トミー、モカちゃん

ゆうたチーム
・ゆうた、たくみ、たまこ、ズッキー

 

アップデートしたこと

叶えたいこと

そもそも一番叶えたいことって本当にこれだっけ?キレイな文章で纏まってるけど、そもそもこれじゃない感がハンパない。変更した内容にもある通り、もっとみんなが自分らしく生きられるコミュニティを作ることで、新しい会社のカタチを世の中に示したいんじゃなかったっけ?えふななのファーストプライオリティは売上でも利益でもない。社会に貢献することは当然なんだけど、目の前にいる社員をまずは大事に考えようと。

・変更前
生きる原点に立ち返ろう、向き合おう。
「シアワセ」は「豊かなこころ」からうまれます。
えふななは、「シゴト」から「シアワセ」を創り、運び、つなげる存在として、「こころの豊かな人」を増やしていきます。

・変更後
「みんなが自分らしく生きられる、唯一無二のコミュニティを創る」

目印

5個だったのを7個に変更。「7」へのこだわりがどんどん強くなっていく(笑)大きな変更点としては、大事にしたいことに優先順位をつけたこと!コミュニティの考えを明確にして、この軸に沿ってコミュニティを作っていくことが大事。みんなが間違った判断をしないためにも、この辺の考えを浸透させることはすごく大事かなと。

1.優先順位は、「健康>家族・仲間>生きがい>業績(社会貢献)」
業績は大事!だけど、もっと大事なことがあるよね。

2.家族や仲間を大切に。
家族や仲間は大切だよね。支えてくれる人を大切にしよう。感謝しよう。

3.競争よりも協力を。無駄な比較は排除しよう。
人と比較する生き方よりも、自分らしい生き方を選択しよう。

4.個性を強みに。イキイキとシゴトできる環境を。
みんな違っていい。みんなの能力が最大限に発揮される環境を。

5.みんなの「やりたい」をみんなで応援しよう。
「やりたい」ことは遠慮せずに、どんどん共有していこう。

6.組織規模にこだわらない。規模は結果論でいい。
売上規模や社員数はどうでもいい。それよりも、誇りの持てる
コミュニティやプロダクトを創っていこう!

7.Culture First!採用ではなく仲間探し。
仲間はみんなで探そう。価値観を共有できる仲間を増やしていこう。

みんなの約束

大枠の変更箇所は決まってるけど、確定まで至っていないので後日共有します。

アイテム

・スーパーフレックス
コアタイムを廃止。細切れでもOK!但し、22時〜5時の勤務は原則NG。
裁量労働制を基本とする。そもそも、今まで良くも悪くもコアタイムが絶対という感じではなかったし、守られないこともあった。むしろ、それはそれでいいと思ってたし。であればいっそのこと、無くしちゃおうと。何となくの目安は暗黙のルールで自然と運用できればいいかな。

・子ども習い事手当
その名の通り、子どもの習い事に対して実費分を会社で負担する。但し、1人目は月1万円、2人目は月5,000円の上限規定あり。これはどうしても作りたかった制度。やっぱり未来ある子どもたちの可能性を広げてあげたい!例えば子どもが「サイエンス教室に通いたい!」と思っても財布事情により断念…ってことは避けたいなと。やりたいと思ったことをトコトンやらせてあげて欲しい!親には子どもの選択肢を広げてあげて欲しい。
※ちなみに、学校の授業を補填したり、受験対策をするような塾は対象外。

このご時世、インプット型の教育に限界を感じているので。但し、お受験自体を否定するものではないし、塾に通うことを否定している訳ではない。

仕組み

・委員会の発足
2〜3人チームで、四半期(テーマによっては半期)ごとに組織に関するプロジェクトを立ち上げる。目的は、常にみんなでコミュニティを良くしていこう、改善していこうと。年1回のリゾートミーティングだけじゃなくて、常に!自分たちでコミュニティを作っている実感を持つためにも、少人数プロジェクトがいいと思う。目安としては、個々の20%くらいのリソースをこの委員会活動に投下するイメージ。(もちろん、プロジェクト内容によるけど)

・四半期ごとにパーティー形式の共有会
今までは四半期での区切りを作っていなかったせいか、気持ちの切り替えや個人にとってのターニングポイントを上手く作ってあげられていなかったように思う。振り返りの面談は実施してたので、全く区切りがなかった訳ではないけど、もっと盛大に「お疲れさん会」みたいなものがあっても良いかなってことで実施してみることに。
複業やってる人もいるし、そういう個人活動も含めて、こういう場で共有し合いたい。みんながみんなのことを知ることで助け合えることもある。モノによるけど、情報は閉じるよりも開いた方がいい。

・360°評価
この名前はえふなならしくないし、嫌いだから変更予定。人が人を評価すること自体がコミュニティのコンセプトとズレる…給与を決めなければいけないので、仕方ない部分はあるんだけど。できれば、人が人を評価をしない仕組みに変えたい。みんながみんなを応援するためのフィードバックができれば良いのかなと。評価よりも応援が相応しい。
もう一つ大事なことは、新田の人事権力を弱めること。一人の人間や特定のメンバーに人事権が偏ると、上下関係が自然と生まれてしまうため、人事権をみんなに分散させる。

・ミーティングを映像で保管
参加できない人もいるので、ユーチューブで非公開グループを作って、そこに議事録と共にアップする。

 

リゾートミーティングを終えて

結論、今までで一番良かった!
リゾートミーティング当日も良かったけど、それまでのチームごとに準備する期間が良かった!そもそも今まで個人戦だったのをチーム戦に変えたのが正解だったかな!

実際にリゾートミーティングが終わってから既に1ヶ月半が経つけど、みんなの動きにも変化が出始めているし、組織が少しずつ自走し始めている。やっぱ、みんなが所属するコミュニティなんだからみんなで創った方が絶対にいい。

一番嬉しかったことは、入社歴が最も浅い最年少のズッキーが一番発言が多かったんじゃないかっていうくらいガツガツ意見を言ってくれたこと!
上下関係のない、えふななが描く理想の姿そのものだった!もちろんズッキーだけじゃなくて、みんなが主体的に参加してくれたからこそ、ここまでクオリティの高いディスカッションができたのは間違いない!

理想のコミュニティにはまだまだほど遠いから、もっともっと良くしていこう!
(早く広大なファームを作りたい)